• ホーム
  • EDには主にどんな症状があるの?治療のためには何が重要なの?

EDには主にどんな症状があるの?治療のためには何が重要なの?

薬を飲もうとしている男性

EDとは勃起不全のことですが、下半身がまったく立たなくなる状態をイメージするかもしれません。しかし実際には、元気だった陰茎が急に立たなくなる状況は少なく、少しずつ精力が衰えて硬さや角度に問題が生じてくるのです。まったく立たない状態は誰もがEDだとわかりますが、どこまで立たなくなればEDと診断するかは難しく、一般的には性行為の失敗率が75%くらいになると該当すると言われています。しかし。50%程度でも支障が出てくるでしょう。セックスをするときの陰茎の硬さはリンゴ程度がベストであり、若いころの陰茎は骨格があるのではと思えるくらいに硬くなりますが、30代~40代くらいになると減退を覚えて、硬さや角度が緩やかになっていくのです。

オレンジやグレープフルーツくらいの硬さになると、リンゴ程度のときと比べて感度・射精感は衰えてきますが、加齢によって緩やかに勃起力が減退していく症状に関しては勃起不全に含まないという意見も多くあります。一方で年齢の割に明らかに精力・勃起力が減退している状態はEDに診断されることが多く、例えば本来は元気であるはずの20代でセックスの成功率が著しく低いようならば、若くしてもEDと診断されるケースがあります。つまり、EDとは性生活にかなりの影響が出てくるほど男性機能が衰えている状態であり、芯のない程度まで陰茎が柔らかくなって挿入が難しくなったり、挿入の途中で萎えてしまったりする症状を指すわけです。

勃起力が減退してくると、陰茎の膨張率が下がるので勃起時のサイズが小さくなります。ほかにも角度が緩やかになる、十分な硬さを維持できないなどの症状が発生しますので、男性にも女性にも大きなデメリットが発生します。勃起不全になると射精感も減退してしまい、全盛期のような強烈な快感を覚えることができなくなります。それが引き金になってセックスに対する興味が失われるケースもあるなど、健全な性生活を送るうえでマイナスになります。

EDは、ときに早漏の原因になることもあり、通常よりも早く射精するようになった場合は勃起不全が関係しているケースが多いです。陰茎の感度が鈍ることによって射精調整をするのが困難になることが関係しています。EDの症状は男性だけでなく女性にも大きな不安を与えてしまうので、勃起不全を解消することは男性の義務だと考えて、医療機関や個人輸入などを活用し、ED治療薬の服用や規則正しい生活を継続して少しずつ改善させていきましょう。ほとんどの症状は下半身の血行を促進すれば解消するもので、ED治療薬は陰茎海綿体を中心に血流の巡りを良くしてくれます。あとは健全な食生活や運動などを意識して、血液がサラサラの状態を維持する対策がおすすめです。

関連記事
カマグラゴールドの飲み方を覚えてED治療を効果的に行おう! 2020年05月19日

バイアグラジェネリックのカマグラゴールドの飲み方は、バイアグラと同じです。セックスをする1時間前に50mgまたは25mgの用量で服用する方法で、くれぐれも50mgを超えて服用しないように注意してください。カマグラゴールドにはシルデナフィルが100mg含まれており、日本で処方される最大用量の2倍のため...

ED治療薬は通販で買える?安全性や効果には問題がないの? 2020年06月25日

ED治療薬は通販で売られていますが、購入できるのは個人輸入代行通販という一部のサイトだけです。幅広い人に利用される国内の通販サイトでは、一般用医薬品の販売はしていますが、医療用医薬品のED治療薬は取り扱いしていません。医療用医薬品は本来医療機関でしか買えないため、薬剤師のいるドラッグストアや薬局など...

カマグラゴールドに含まれている主成分と症状の改善効果は? 2020年06月07日

カマグラゴールドに含まれる主成分はシルデナフィルで、日本で処方されるバイアグラと全く同じ成分です。バイアグラでの含有が50mgなのに対してカマグラゴールドは100mgを含有するので、割って飲むのがおすすめです。市販のピルカッターを活用すれば綺麗に2分割することができます。50mgの2回分として活用し...